ED治療薬のレビトラについての作用や副作用までの情報だけではなく、本物のブランド品をお安く通販で購入する方法のご案内までを情報提供している専門サイトです。

勃起の悩みの改善に絶大な効果あり

いざという時に勃起しない・・・
そんな悩みを抱えている方は多くいらっしゃると思います。
現在では男性の勃起不全および、勃起障害の事をED(Erectile Dysfunction)と呼ぶようになりました。このサイトで紹介するレビトラは、勃起をサポートする役割を持つ「ED治療薬」です。

EDに悩んでいる方にとっての力強い味方こそが、このサイトで紹介する人気のED(勃起不全)の治療薬である「レビトラ」です。
ここで紹介するレビトラは世界的に有名な「バイアグラ」、「シアリス」と並んで〈世界3大ED治療薬〉の一つです。
このレビトラの名前の語源はフランス語の冠詞である「le」と、ラテン語で〈生命〉を意味するvitraを合わせた言葉であると言われております。

レビトラの歴史

いま世界的に有名であるED治療薬のレビトラは、今から10年ほど前の2003年に開発されました。レビトラと言えばドイツの製薬会社である『バイエル社』によって開発販売された商品として知られていますが、正確には『バイエル』『グラクソ・スミスクライン社』『シェリング・プラウ社』による共同開発によって生まれたものです。
ちなみにこの『バイエル社』は〈アスピリン〉の商標登録を持っている、歴史ある有名な製薬会社です。
ここ日本では、第一のED治療薬として有名なバイアグラに続いて2番目に販売され、2004年の6月に、厚労省により認可を受け、バイエル薬品株式会社により発売されました。

先行薬のバイアグラの欠点を改良

このレビトラの特徴としては、バイアグラの欠点である「空腹時に服用しなければならない点」を改善するように開発されています。よって服用する際に食事による影響を受けづらい事や、バイアグラより早く、そして長い効果時間を可能にすることに成功したED治療薬です。
食事の影響を受けるバイアグラに比べ、レビトラはその傾向が少なくて済みます。

しかし、完全に影響を受けないわけではないので、レビトラを飲む場合は、食前30~40分前に飲むのが最も効果を発揮できると言えるでしょう。
仕方がなく食後に飲む場合は、食事はできるだけ脂っこいものを避けて、なるべくアッサリしたものを満腹にならない程度(7分目程度)に抑えて、その後およそ2時間は時間をあけてから薬を飲むのがオススメです。

EDの治療以外にも効果あり

レビトラの外見は、丸型で赤味のかかった黄色い錠剤です。
バイアグラと同じように、レビトラも〈ホスホジエステラーゼ5〉という酵素の働きを阻害することにより勃起を促進します。バイアグラ以上に即効性(服用後およそ15分で効果を発揮)があり、効果の継続時間もおよそ〈5時間から10時間程度〉と長く、食事による影響をあまり受けにくい勃起不全の治療薬です。

他には、バイアグラでは効果が現れなかった方や、糖尿病や前立腺ガンの治療後の方に対しても、効果が現れているという発表がされています。
上記のようなレビトラの特徴かから、EDに悩んでいる方の中には、それまで使用していたバイアグラからレビトラに服用を切り替えるという方も多く見られます。しかしバイアグラに関しても、勃起時の強さを強さを実感する方も多いので、人によって薬の相性、合う合わないが分かれると考えられます。

酵素の働きを阻害することで勃起を促進

レビトラは先行薬であるバイアグラの欠点を補う多くのメリットを持っており、世界100カ国以上で愛用されるという大きな人気を得ています。
先行薬である「バイアグラ」と「レビトラ」は見た目には違いがありますが、どちらの薬もホスホジエステラーゼ5(PDE-5)という名前の酵素の働きを阻害することで勃起をサポートする効用を持っています。
ホスホジエステラーゼ5は酵素であり、男性の性器周辺に存在しており、勃起不全(ED)と深い関わりを持っているのです。

レビトラの名前は商標名です

レビトラの主成分となっている成分の名前は〈バルデナフィル〉であり、実際には「レビトラ」という名前は商標名です。(商標についてはこちらをご参照ください)
同じくしてED治療薬の「バイアグラ」も商標名であり、薬の主成分は〈シルデナフィル〉というものです。(ちなみにシアリスは〈タダラフィル〉が主成分となっています)

お役立ち情報の紹介

Copyright © スマイル通販 All Rights Reserved.